無利息的な、あまりに無利息的な

キャッシング先を探している友人に勧めるなら、審査時間が短くすぐに借り入れできる消費者金融がよいのではないでしょうか。金利も低い消費者金融の商品もたくさん登場していますので、素早く借り入れできて安心でしょう。

 

どこの消費者金融で借り入れをすればいいのか、大手と呼ばれるところもいくつかありますね。その中でも特に知名度も十分なアコムとプロミスですが、借り入れが初めての友人に勧めるならやはりプロミスでしょう。

 

消費者金融の中でもアコムよりプロミスをおすすめするのには理由があります。アコムとプロミスには、金利の違いもありますね。金利は初めての借り入れの場合は、まず金利の幅の大きなほうからスタートすることになるケースが多いのです。

 

借り入れ後返済を続けていけば、金利が下がり限度額が大きくなることもありますが、原則としては最高金利からスタートすると考えておいたほうがよいでしょう。ですから最高金利も低いプロミスのほうが、同じ金額を借りたとしても返済額が少なくなる可能性が高いのです。

 

また、ポイントサービスに申し込みをすることで30日間の無利息サービスが利用できるのもプロミスの特長です。アコムの無利息サービスは常時ではありませんし、返済サイクルを35日ごとにするなどといった条件を満たしておかなければなりません。

 

このように、金利が低くサービスが使いやすいというのがプロミスの特長です。借り入れの経験がないという方にも、利用しやすいのが安心材料としておすすめできる理由なのです。

続きを読む≫ 2014/04/29 18:33:29

2010年6月に貸金業法の大幅改正が行われ、その一貫として総量規制という法律が制定されました。総量規制は借金の上限を年収の3分の1までに制限する法律であり、貸金業者に対して無理な貸付などの制限のために作られました。

 

無理な借入ができなくなるという意味では、返済不能に陥る債務者などが減るという意味で大変意義のあることなのですが、その一方でお金を借りる必要がある人が借りられないという状況があるのが現実でもあります。特に専業主婦の場合においては、収入がないため借金自体が規制されるので大変深刻な状況にあります。

 

では、専業主婦の方が絶対にお金を借りられないかというとそうではなく、銀行ローンであればお金を借りることが可能なのです。その理由は、銀行ローンは総量規制の対象にはなっておらず、従来通り専業主婦であっても利用することができるのです。

 

また、銀行ローンは総量規制がないうえに、消費者金融のカードローンなどと比較すると低金利な設定になっていますので、その点でもうれしい存在です。銀行ローンの存在を知っておくことは、いざという時に大変役に立ちますので、是非覚えておきましょう。

 

プロミス 増額
続きを読む≫ 2014/04/29 18:33:29

総量規制とは、個人の借入金の総額が原則、年収の3分の1までに制限されることをいいます。個人向けの貸付で、個人がお金を借り入れる行為が規制の対象となります。個人が事業用の資金で借り入れる場合は対象とはなりません。

 

消費者金融、クレジットカードなど個人にお金を貸す専門の貸金業者が総量規制の対象になります。貸金会社ではない銀行は、この総量規制から対象外となっています。銀行のカードローンも規制の対象外となっています。

 

カードローンを提供している銀行は多数あります。オリックス、みずほ、新生、ジャパンネット、三菱東京UFJ、楽天、住信SBIネットなど、多くがカードローンに参入しています。それではなぜ、これらが対象外なのでしょう。

 

それは、キャッシングに関する金融業者が大きく分けると3つに分類されるためです。消費者金融業は賃金業法、信販会社は賃金業法、もしくは割賦販売法、銀行は銀行法が適用されるためです。利用者にとってはさほど、変わりはありませんが大きく変わる点がどの法律が適用されるかなのです。

 

続きを読む≫ 2014/04/29 18:33:29

消費者金融は、かつてサラリーマンの利用者がその大半を占めていたこともあって、長い間サラ金の愛称で親しまれてきました。消費者金融はサラリーマンの飲み会代や仕事上の付き合いなどに足りなくなったお金をしっかりサポートする存在として扱われてきました。

 

しかし、かつては貸付金利が今よりもずっと高く設定されていたこともあって、サラリーマンが返済に苦しむようになっていたことが社会問題となっていました。また、返済に困ったサラリーマンを狙うヤミ金という業者も現れるようになりました。

 

そのため、国を挙げた対策の一環として2000年代の後半に消費者金融業者に関連する法律として知られる貸金業法が大幅に改正され、グレーゾーン金利の廃止の他、年収の3分の1以上の融資を受けることができなくなりました。

 

このことを、一般的に総量規制と呼び、多額の利息の返済に憂慮するサラリーマンの数が大幅に減少することになったといわれています。現在の消費者金融は、総量規制が行われた結果、多くの利用者にとって安全に利用することができるところになっています。

 

続きを読む≫ 2014/04/29 18:33:29

貸し付けを規制する法律に、貸金業法と言うものがあります。貸金業法にも色々な規制がありますが、すでに借り入れがある人にとって関係する規制が、融資上限額を規制した総量規制です。この規制が出来たことで、借り入れ出来なくなった人が大勢出たのです。

 

総量規制の内容は、融資上限額を年収の3分の1までとすると言う内容になり、自分の年収から計算する事で、あといくら借り入れが出来るのかを知ることが出来ます。しかしこの計算をする時には、今借り入れをしている金額を知る必要が出てきます。

 

総量規制の内容を知っている人なら、借り入れ金額を計算することは容易に出来ますが、あまり知られていない事に、規制対象となるカードの存在があります。消費者金融のカードローンが対象だと言うことはよく知られていますが、忘れてはいけないのがクレジットカードです。

 

クレジットカードでのショッピングをしている人は、その金額も総量規制の対象なのです。よって自分の年収の3分の1から、消費者金融とクレジットカードでの借り入れ金額を差し引いた金額が、残りの融資上限額となるのです。すでに借り入れがある人は、計算時には忘れないようにしましょう。

 

続きを読む≫ 2014/04/29 18:33:29