安心してキャッシングするには

キャッシングをはじめるとき業者の選び方を間違えると、中には取り返しのつかないことにもなるので業者選びは慎重に選ぶことが重要です。

 

はじめて借り入れをするときは、テレビCMなどで有名な大手消費者金融や、銀行カードローンを利用すれば何の問題もなく安心してキャッシングができますが、インターネット上には名前も知られていない消費者金融もあり、そういった消費者金融を選ぶときはとくに気を付ける必要があります。

 

消費者金融のなかには、中堅消費者金融と呼ばれる地方でまじめに貸金業をおこなっている正規の消費者金融もあれば「闇金」と呼ばれる悪徳業者も存在するので、申込をする前に調べる必要があります。

 

正規の消費者金融かどうかを調べる方法として、貸金業を営むときは都道府県知事に登録申請をしなければならないので、登録番号や商号が記載されていればそれらを控えておき、金融庁のホームページにある「登録貸金業検索サービス」から控えておいた登録番号や名称などを入力して検索すれば実際に登録している業者なのかを調べられます。

 

「闇金」はほとんどのところが登録をせず貸金業をしていて、「審査なしでお金を融資」とか「業界一の低金利」といった宣伝をしていて、好条件のようですがこういった業者は初めは低金利でお金を貸しますが、だんだんと金利をあげていったり、同業者からも電話がかかるようになったり、最後には自力で解決できなくなるので絶対に手を出さないことが重要になります。

銀行カードローンでキャッシング

少し前までは、小口融資は消費者金融のキャッシング、目的ローンや法人融資は銀行で借りるのが普通でしたが、最近は銀行も小口金融に力を入れるようになり、それぞれの銀行で独自の基準でキャッシングが出来るようになってます。

 

銀行カードローンは、銀行の金融商品のひとつで一般の目的ローンとちがい、無担保でお金が借りられます。
また目的ローンは融資を受けたお金の返済だけになりますが、カードローンは融資限度額が決まればその範囲内で何度でもお金が借りられるという商品です。

 

おなじ小口金融でも、消費者金融のキャッシングは貸金業法の総量規制の完全施行で融資限度額は年収の3分の1以内と制限を受けるため、収入がなければ利用できませんし、融資が受けられたとしても年収の3分の1以内になりますが、銀行カードローンは銀行法の適用をうけるため総量規制の影響は受けず、銀行カードローンはそれぞれの銀行で独自の基準を設けて審査をおこなっているので、審査に通れば年収に関係なく高額融資が受けられます。
また無収入の専業主婦でも審査にとおれば利用が可能になっていることから、専業主婦にも人気があります。

 

申込方法は24時間どこからでも申込ができるインターネットを利用した申込み方法が主流になっていて、申込をしたその日にお金が振り込まれる即日融資が可能な銀行も増えて来ているので急にお金が必要になったときでも、その日の14時までに契約が終われば銀行の営業時間内に指定口座に振込されるようになります。


このページの先頭へ戻る